fbpx

メディア掲載

メディア掲載

2021/11/22 - NewsPicks

SNSやインフルエンサー活用における、グローバルでの共通点・相違点は何か。日本のD2Cブランドが、海外進出を成功するための要素は。D2Cのブランド戦略に詳しいTakram佐々木康裕氏と、iKala社CEOセガ・チェン氏、COOケニス・チェン氏が対話。AIによって世界のマーケティングの常識を変える、iKalaの思想とそのプロダクトに迫る。

2021/08/10 - SANSPO.COM

台湾の国家発展委員会(NDC)は、国家的なスタートアップブランドStartup Island TAIWANに加えて、国内スタートアップ企業の国際的評判を強化するためにNEXT BIGプロジェクトを立ち上げ、スタートアップコミュニティー、業界のキーオピニオンリーダーとともにNEXT BIG代表になるスタートアップ企業9社を選定した。

2021/08/13 - JETRO

台湾を拠点とする人工知能(AI)技術のグローバル企業である愛卡拉互動媒体(ikalaインタラクティブメディア外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)は、創立10周年を記念した記者会見で、「向こう10年で事業領域および海外市場の拡大を加速するため、年内に日本事務所を開設する」と発表した(中央通訊社、経済日報2021年8月9日)。

2021/08/11 - NNA Asia

台湾を拠点とする人工知能(AI)スタートアップの愛カ拉互動媒体(カ=上の下にト、iKalaインタラクティブメディア)は9日、年内に日本事務所を開設する意向を明らかにした。海外市場開拓の一環として、日本市場を深耕する。

2020/09/25 - 訪日ラボ

この記事では、化粧品やコスメなどの分野で高い訴求力をもつ美容系KOLに焦点をあて、AIテクノロジー会社iKalaが提供しているインフルエンサーマーケティングソリューション「KOL Radar」とファッション雑誌『ELLE』が2020年4月に共同で発表した「2020 美妝產業網紅社群洞察報告書(2020年美容産業におけるKOL報告書)」を取り上げ、台湾における最新美容系KOLトレンドについて整理します。

2020/08/21 - TechCrunch Japan

AIベースの顧客獲得・エンゲージメントプラットフォームを提供する台湾のスタートアップのiKalaは、シリーズBで1700万ドル(約18億円)を調達し、新たに東南アジア市場に進出する。このラウンドを主導したのは電子機器メーカーの子会社であるWistron Digital Technology Holding Companyで、これまでにも投資していたHotung Investment HoldingsとPacific Venture Partnersが参加した。